「きものレシピ」のサービスはこちら。

雪の日の着物

こんにちは。今回は雪の日の着物についてお話ししたいと思います。

雪の日の着物

だんだんと寒くなり、冬が近づいてくると、着物の上に羽織やコートを着るようになります。

そうすると、春や秋とは違う、重ね着のおしゃれが楽しめるようになりますね。

色合わせや柄合わせを考えるのも楽しいものですが、冬になると、場所によっては雪に見舞われることがあります。

着物は絹地でできていることがほとんどなので、雪を吸って水ジミになったり、解けた雪と地面の汚れが混じって、足元に泥ハネを起こしたりする危険があります。

せっかくの着物を汚してしまうと、気分も落ち込みますし、汚してしまうかもしれない、と考えるだけでも、心からお出掛けが楽しめなくなってしまいますよね。

そのためには、雪の日でも着物を汚さないよういろいろと対策をする必要があります。

お住まいの地域により積雪量は様々だと思いますが、着物でお出かけをする日に雪が降った場合、どのように対策をすればよいのか、次からご紹介していきます。

また、雪が降るということはとても寒い日ということですので、着物でお出かけする際の防寒対策についても触れていきます。

<雪の日の着物への対策>

【着物】

雨コート

撥水加工された生地やポリエステル等の化繊素材でできているコート。雪が降っても中に染み込みにくく、着物を守ります。一枚仕立てになっている一部式と上下が分かれている二部式があります。

着物用レインコート

洋服用のレインコートと同じ素材で、衿の部分がV字または道行のようなスクエア型になっています。

雨コートよりも水を通しませんが、見た目があまり美しくないので、移動中のみの着用にし、現地に着いたら脱ぐようにしましょう。

ウールのコート

厚手なので水を通しにくく、暖かいので雪対策と防寒を兼ね備えています。フォーマルな場では不向きですが、気軽な集まりの場などでは着て行くことができます。

【足元】

防寒草履

草履のつま先部分にカバー(爪皮)がついているもので、歩くときにつま先に雪が入り込むのを防いでくれます。
カバーが透明の物、鼻緒や台座と同じ素材で不透明な物など、いろいろな種類があります。素材は牛革や合成皮革でできている物が多く、底にはゴムの滑り止めがついていて、滑りにくくなっています。
足元はつま先から冷えますので、カバーが防寒の役割も果たし、普通の草履より暖かいです。

雪下駄

防寒草履と同じく、つま先を覆うカバーがついている下駄です。高さもあるので、雪の上を歩いてもある程度までは濡れずに済みます。フォーマルな場では履くことができないので、移動中のみの使用にし、現地に着いたら草履に履き替えるようにします。

草履カバー

ビニール製でできており、雪に濡れないようにするカバーです。草履にすっぽりとかぶせて使います。取り外しできるので、普通の草履を履きたい方に適しています。

足袋カバー

撥水加工が施してあるカバーで、足袋の上に履くことで水分が沁み込むのを防ぎます。それでも濡れてしまったときのために、替えの足袋も何足か持っていくとなお安心です。

冬用足袋

裏がネル素材やフリース素材の足袋は、濡れることへの対策ではありませんが、雪の日の防寒対策として有効です。足元が冷えにくく、雪の降るような寒い日には重宝します。

【小物】

マフラー、ストール

こちらも防寒対策として有効です。首元から冷気が入り込むと寒いので、マフラーで覆ったり、肩先を冷やさないためにストールを巻いたりすると、寒さが軽減されます。
着物の柄を邪魔しない、シンプルな柄や藤色、ベージュなどの淡い色の物がおすすめです。

手袋

ロングタイプのものは着物の袖の奥まで覆って素肌を出しませんので、より防寒できます。ウールや革などいろいろな素材がありますが、特に着物の品を落とさないものなら何でもよいでしょう。

レギンスやスパッツ

着物から出ないように裾を短く調整し、下に履いておくとかなり防寒対策になります。

クリップ

コートの下で着物の裾をたくし上げて、帯の所で止めておけば、雪の泥ハネを防ぐことができます。コートを脱ぐときにクリップを外し裾を整えます。

和装用の和傘が最適ですが、洋装用でも着物に大きくそぐわないものでなければ問題ありません。

【番外編】

ブーツ、長靴

どうしても雪の上を歩かなくてはならないときは、草履は諦め、思い切ってブーツや長靴を履いてしまった方が楽に過ごすことができます。
ブーツはあまり長すぎないショートブーツがおすすめです。
着物に傷をつけないように、極力金具がないものにしましょう。
長靴はあまり大きいと、歩いた時に上から雪が入り込む場合があるのでぴったりめのものを選びましょう。
いずれも現地に着いたら草履に履き替えることを忘れずに。

いかがでしたか?雪の日に着物を着る際の防水対策や防寒対策についてお話してきました。

いろいろなアイテムがありますので、ご自分の好みや用途に合ったものを選んでください。

雨コートや草履カバーは、折りたたんで小さなポーチに収納できるものもあるので、荷物もコンパクトになり便利です。

対策を考えるあまり、あれもこれもと荷物ばかりになってしまっては動きにくいので、そのときの積雪量や気温に合わせて、持ち物の量を調整するようにしましょう。

雪の日でも、いつもと同じように着物を着ることができたら、また雪の日だからこその着物のおしゃれが楽しめたら、とっても素敵ですよね。

これからの季節に向けて、ぜひ参考にされてくださいね。