「きものレシピ」のサービスはこちら。

InstragramコラボLive 2021.12.17 〜書き起こし版〜

着付け講師のお二人に「クリスマス~お正月のコーデと成人式コーデ」について伺いました。本記事では、動画の一部を抜粋して会話をご紹介します。

会話全体をご覧になりたい方はきものレシピのInstagramアカウントより動画アーカイブご覧ください。
動画アーカイブ → https://www.instagram.com/tv/CXkhJ9SF09K

プロフィール

入谷悦子 先生

関東(東京、千葉、埼玉)を中心に着付師、着付け講師として活動。
婚礼着付けや撮影用着付けを多数。

Instagramアカウント

西田祐衣 先生

「着物を通して、女性が自信を持てる社会にする。」自らの経験から大阪で「きものキャリア」を開業。
【最短でプロ並みの着付けが叶う独自メソッド】と【都会的でかっこいいスタイリング】で国内外問わずオンラインでも受講者多数。

Instagramアカウント

Kensuke

着物専用のコーディネート管理サービス「きものレシピ」の企画・開発・運営を行なっています。

きものレシピ

クリスマスコーデ

Kensuke
Kensuke

では、まず本日(12/17)のお二人のコーディネートについてお聞きしたいと思います。
まずは悦子先生からお願いします。

悦子先生
悦子先生

大島紬にクリスマスカラーの赤と緑と金茶のラインが入っている長着に、祐衣先生のコーデを真似して帯揚げにスカーフを合わせています。

悦子先生
悦子先生

長着が大島でシンプルなので、帯揚げに花を入れています。

悦子先生
悦子先生

半襟はグリーン、帯留はサンタ帽子をかぶったペンギンで、クリスマスらしいコーディネートです。

三分紐はグリーン。シルバーにしようかとも思いましたが、昼間のライブなのでグリーンにしました。

悦子先生のクリスマスコーデの詳細やアイテム情報は → コチラ

Kensuke
Kensuke

次は祐衣先生、お願いします。

祐衣先生
祐衣先生

あえてクリスマスカラーじゃないカンジのクリスマスコーデにしてみました。トイザラスで見たクリスマスツリーの中に、ライトグレーのツリーにピンクのキラキラしたオーナメントがついているものがあり、そのイメージで、大人の女性らしいクリスマスコーデにしてみました。

祐衣先生
祐衣先生

着物はシルックさんの着物で、10年選手くらいです。光沢もちゃんとあって色合いもきれいです。帯は、シルバーっぽい薄いピンクでつなぎの七宝柄です。クリスマスに、洋風にしようしようと思わなくても、七宝柄で洋風になれるんです。

祐衣先生
祐衣先生

美しいキモノの誌面でも出させていただきましたが、イヤリングを帯留にしています。

祐衣先生のクリスマスコーデの詳細やアイテム情報は → コチラ

~お二人のコーディネイトのコメントから~

イヤリングを帯留に

イヤリングを帯留にすると、着物を全部着て帯締めまでしてから、今日帯留どれにしよーって、後からつけられるんです。イヤリングでも帯留でも使えるっていうのは二度おいしいですよね。

スカーフを帯締めに

洋服にも着物にも、首に巻いて、頭に巻いて、バッグにも巻いて。何度もおいしいです。

お正月コーデ

Kensuke
Kensuke

お正月コーデについてはいかがでしょうか。

祐衣先生
祐衣先生

今でも間に合うクリスマス準備、そしてお正月コーディネートを提案したかったので、同じ着物・同じ帯で、クリスマスだけでなくお正月にも合うコーディネートをきものレシピにUPしています。

祐衣先生のお正月コーデの詳細は → コチラ

祐衣先生
祐衣先生

帯揚げについては、お正月というと紅白になりがちですが、黄色を金と見立てて、明るい感じにして、おめでたさを表現するといいかなと思いました。

祐衣先生
祐衣先生

クリスマスコーデでは洋っぽくするために帯締めは三分紐にして、帯留にイヤリングを着けたんですが、お正月はしっかり結ぶ紫の帯締めにして、結び目を真ん中に持ってきて、耳にイヤリングを着けると、和っぽくなって、格も上がります。

祐衣先生
祐衣先生

年末年始バタバタして、でも、クリスマスもお正月も着物を着たいっていう人を応援したいなと思って、小物変えるだけで印象チェンジしていきましょうという提案でした。

Kensuke
Kensuke

お正月は格の高い着物を着るべきでしょうか。

祐衣先生
祐衣先生

お正月だからって、特に格調の高い着物を着なきゃいけないっていうわけではないです。

お出かけする場所や会う人によるんじゃないでしょうか。

祐衣先生
祐衣先生

普段よりちょっと背伸びをしたというか、新年らしいお目出たい雰囲気にしようと思うと、着物らしい柄とかを取り入れると、古き良きしっかりした着物の雰囲気が出るんじゃないかなと思いますので、例えばこういう小花柄とかは良いですよね。帯も七宝柄という和柄の定番なので、お正月にも良いですよね。

悦子先生
悦子先生

松の内の間は、織の着物より染の着物をなんとなく着たくなりますよね。めでたい感じと華やかな感じがあるので。その後はどんどん寒くなるので、あったかい系の織の着物もいいですけど、華やかな雰囲気のものを選ぶのがお正月らしくて良いですよね。

Kensuke
Kensuke

なるほどですね!

~クリスマスの着物について~

祐衣先生の今日の一言

祐衣先生
祐衣先生

クリスマスはイルミネーションの下で着物ってちょっと斬新じゃないですか。和のものだから洋風のイベントには合わないっていうんじゃなくて、洋に和を寄せていくっていうのも楽しいと思います。

成人式コーデ 〜ママ振のススメ~

Kensuke
Kensuke

それでは成人式のコーデについて、悦子先生にお伺いしたいと思います。

悦子先生
悦子先生

最近は、レンタルも多いですが、「ママ振」つまり、お母さんの振袖を着る人が多いです。ママの振袖一式あるけど、そのままで着ると、ちょっと古臭い。そのままだと娘は着たくない。でも親は着てほしい。どうしましょっていうことになって、小物のアレンジの話になります。

悦子先生
悦子先生

帯を新しくしましょうとか、大きいものを買い替えるのは簡単なんですが、最初におすすめするのは半襟からですね。お母様の頃には白の半襟を合わせていたのでしょうが、お色味のあるものに変えましょうとか、重ね襟を変えましょうとかをご提案します。あとは帯揚げ、帯締めを変えましょうという話になりますね。

悦子先生
悦子先生

小物を変えて、ヘアスタイルを変えて、着付けを変えるだけで、お母様の振袖とは、全然変わります。

Kensuke
Kensuke

是非、お嬢様たちは、お母様の振袖を着てほしいですね。

~成人式コーデ:コーデの実例~

※コーデの実例はインスタライブで写真を見ながらお楽しみください※
動画アーカイブ → https://www.instagram.com/tv/CXkhJ9SF09K

~成人式コーデ:近年のトレンド~

Kensuke
Kensuke

近年とトレンドはいかがでしょうか。

悦子先生
悦子先生

ゆるふわ系の子とタイト系の子と両極端の傾向があります。

祐衣先生
祐衣先生

ひと昔前って、古典ならザ・古典で、頭の先から足の先まで古典で、大正時代から出てきましたか?って感じの子とか、反対に本当に両極端で、ザ・レンタルというか、ザ・今の感じの子っていうのがいましたね。最近は、MIXな感じになってきたなと思います。

祐衣先生
祐衣先生

ちょうどよい塩梅だなと思ったりします。

~成人式コーデ:直前でも変更のきく帯結び~

Kensuke
Kensuke

成人式の帯結びはどのように選んで着せつけているのでしょうか?

悦子先生
悦子先生

帯の形に関しては、撮影だけか当日お出かけなのかによって違います。

あとは、帯結びを決めるポイントは身長です。

悦子先生
悦子先生

小柄なお嬢様は高めにポイントを持っていて足を長く見せたり、背が高いお嬢様は片流しとかで、たけをとってあげたほうが、バランスが良くなるんですよね。背が高いお嬢様に小さい帯結びにすると、木にセミが止まっている感じになるんです。

悦子先生
悦子先生

後は、コンプレックスにあわせて、お尻が大きいんですとかであれば、お尻が隠れる結び方にしたりもします。

悦子先生
悦子先生

あとは、ここが苦しいですとかっていうのは、早めにいったほうがいいです。

一日具合悪かったらいやな思い出になってしまうので。

祐衣先生
祐衣先生

こんな帯結びにしてほしいと雑誌で見たものを持ってこられても、帯の長さとか柔らかさとかによって違うので、お任せにしてしまうというのもアリだと思います。

祐衣先生
祐衣先生

着付け師の技量によっても違いますが、帯結びをちょっと変えるだけで、背の低い子や高い子にあわせることもできるので、当日、合わせてもらうっていうのもアリだと思います。

祐衣先生
祐衣先生

こちらは、私が今年やりたいなと思っている結び方です。

これも、背が高いお嬢様・低いお嬢様に合わせて、アレンジ次第で変化できます。

悦子先生
悦子先生

一生に一度のことなので、その日にイヤなコーデをされたら、一生思い出に残るんですよ。美容師さんとも着付け師さんともよくお話をしてください。遠慮しないで伝えていただくのが大事です。

悦子先生
悦子先生

成人式を良い思い出にできるように、着付師は日夜努力しています。

お嬢様たちも、体調万全で、体調を整えてのぞんでいただきたいです。慣れない格好で大変だと思いますので、本当に、体調を整えて頂きたいです。

Kensuke
Kensuke

大変勉強になりました。

また次回もよろしくお願いいたします。

新成人の皆さま、良い思い出になる成人式をお迎えください☆

おまけ

東レシルック@美しいキモノ(2021年冬号)

今回お話をお伺いしした西田祐衣先生が「東レシルック」の記事で「美しいキモノ(2021年冬号)」にご登場されています。ぜひ書店などでお手に取ってみてください。

きものレシピで見る、東レシルックのコーディネート

東レシルックの愛用者の方々のコーディネートを参考にしていただけます。

きものレシピ「東レシルック」コーディネート一覧