「きものレシピ」のサービスはこちら。

きものニュース(2020年11月)

こんにちは。今回は2020年11月の着物に関するニュースをピックアップしてみました。

興味のあるものがありましたら、ぜひ読んでみてくださいね。

【均一セール!!72%~最大86%OFF】高級絹織物「西陣織-金襴-」×「本革」の牛革手帳ケースを日頃のご愛顧に感謝し期間限定価格で販売!最高級のスマートフォンケースで手元を彩る

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000148.000052196.html

スマートフォンケースブランドを展開するサムライワークス株式会社が、西陣織と本革で作られた手帳型スマートフォンケースを期間限定割引価格で販売します。
着物の帯や能衣装などに使われている西陣織「金襴」は、黄金色に輝く華奢な模様が特徴で、他の織物の中でも豪華な素材です。
また、西陣織の主流技法で糸を先に染めて、織りで柄を表現するジャガード織りは、プリントと違い深みのある布地になります。その金襴と、使うほど味が出る本革との組み合わせで、高級感あふれる美しい仕上がりとなっています。
今ほとんどの人が持っているスマホ。ケースも様々なものがありますが、これなら人と違った個性を発揮できそうですね。一つ一つの柄も美しく、見ていて楽しいです。着物好きや「和」好きな方にぜひ持ってほしいケースだと思います。外国人の方のプレゼントにも喜ばれそうです。

美しい、楽しい、大切に守りたい、「和」の習慣。『これからの暮らしにちょうどいい。楽しく続けられる和の習慣70』発売

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003521.000005875.html

株式会社エムディエムコーポレーションが、書籍『これからの暮らしにちょうどいい。楽しく続けられる和の習慣70』(君野倫子著)を発売しました。
現代人のライフスタイルは決して「和」ではありませんが、「芯」の部分は、昔ながらの和の習慣に基づいているところも多くあると考えられ、和の習慣から心の豊かさに気づいてほしいという筆者の思いがあります。
半幅帯の楽しみ方や、着物と密接に関係する「お茶」の世界、神社仏閣の参拝など、読めば着物が着てみたくなるエッセンスがいっぱいの一冊です。
興味のある方はぜひお手に取ってみてください。

【紙の耳飾り】着物の紋様と現代のデザインが融合したブランド「AIGRA(アイグラ)」

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000023648.html

福島県にあり、地域活性化への活動を行ってきた(株)ユニフォームネットが、この度会津地方で受け継がれてきた「会津型」という染型紙の紋様をアクセサリーに取り入れたブランド「AIGRA(アイグラ)」を立ち上げました。
江戸時代から着物の柄を染める際に使われてきた染型紙は、有形民俗文化財として保存され、その魅力を伝える活動が行われています。ピアスにデザインされた紋様はどれも美しく、パーツの部分は紙を使用しているため、1円玉より軽く耳も疲れません。
洋装にも和装にも合うデザインなので、1つ持っていればヘビロテしてしまいそうです。

ちょっぴり大人の着物男子でモテモテ!?33,000円でメンズ着物デビュー!

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000036.000058706.html

「京都きもの京小町東京店」で、11月6日(金)~16日(月)まで、「メンズ着物デビューフェア」が開催されています。
着物を着てみたいけれど、何から揃えたらいいのかわからない、という男性のために、最初に必要な着物や帯、下駄などを揃えた「着物デビューセット」を販売。全く着物を着たことがない方でも、これで着物でのお出掛けが可能です。
今は若い男性が観光地で着物を楽しむ姿もちらほら見かけます。男性にも着物をもっと好きになってもらい、日常的に気軽に来てもらうための素敵なセットですね。旦那様や彼氏へのプレゼントに、一緒に選ぶのも楽しそうです。

≪バブリーダンスで話題を呼んだアカネキカクとのコラボ!≫

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000069850.html

「日本の古きよきものの思いを大切に、新しい息を吹き込む事業を手掛けたい」との思いからKimono Global Clubという団体を創立された岡本玲子さんが、その活動の第一弾として2017年に流行した「バブリーダンス」の振付師アカネさんの「アカネキカク」とコラボ。
日本の伝統文化である着物を自由に楽しむイメージを世界中の人に届けるため、着物でダンスをする「着物×ダンス」「京小町踊り子隊×アカネキカク」のPVを製作、発信するプロジェクトを展開。その制作費をクラウドファンディングで募ります。
着物は、昨今注目されているSDGsにもつながるとし、京小町踊り子隊は、高齢者や障がい者でも楽に着られる三部式着物driccoを着て踊ります。driccoを通じてSDGsの思いを受け継ぐことが大切と考えています。
斬新な取り組みですが、世界でも「踊り」は民俗文化になくてはならないものですので、ダンスから親しみを持ってもらい、日本の着物の素晴らしさを伝えることができたら素敵だと思います。

横浜能楽堂 第二舞台・研修室施設割引用プラン「初めての朝割」期間限定キャンペーンのご案内

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000685.000014302.html

横浜能楽堂は、横浜市の中心にありさまざまな公演が行われていますが、誰でも利用することができる舞台があるということはあまり知られていません。
誰でも気軽に施設を利用できる「初めての朝割」「初めてのU25割」「応援割」の通常割引プランに加えて今回、期間限定で「初めての朝割」料金からさらに割引をするキャンペーンを行います。
第二舞台は、京間3間(約6m四方)で本物の能や狂言が行えるつくりになっており、その他の古典芸能やお稽古ごとの練習や発表会に使うことができます。
本格的な舞台で、練習や発表ができるということは、モチベ―ションも上がり、上達に繋がりそうですね。
横浜近郊にお住まいで、日本舞踊や、その他着物を着て行うお稽古をされていらっしゃるお教室などの団体は、ぜひ一度利用されてみてはいかがでしょうか。

地域活性イベント「宮浪漫(みやろまん)クリスマス」出展企業募集

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000063282.html

栃木県宇都宮市の東部馬車道通り商店街で開催する「宮浪漫クリスマス」の出店企業を全国から募集します。
「宮浪漫クリスマス」は、大正ロマンを彷彿とさせるイルミネーションの中、和装での散策や食べ歩き、リメイク着物やアンティーク品の販売を行うクリスマスイベントです。
また、和装コスプレーヤーが商店街を練り歩き、提灯や番傘を使用したインスタ映えスポットを設置。インスタ映えする写真撮影も楽しめます。
このイベントを通じて文化継承と地域活性、また出展企業の販路拡大を支援していくそうです。
今年は様々なイベントが中止になり残念ですが、和装好きな方は1年の締めくくりとして、大切な人とお出掛けしてみてはいかがでしょうか。きっと年末のいい思い出になることと思います。

気になるニュースはありましたでしょうか?

それではまた新しいニュースが見つかりましたらこちらでご紹介しますね。