「きものレシピ」のサービスはこちら。

きものニュース(2020年1月)

こんにちは。今回は2020年1月の着物に関するニュースをピックアップしてみました。

興味のあるものがありましたら、ぜひ読んでみてくださいね。

「面倒な着付け」は当たり前じゃない。「着物の新時代」が来る

https://tabi-labo.com/293063/wt-new-kimono

祖父・父の代から和装業界の第一人者だった本山家の息子兄弟が、着物の既成概念やルールを取り払い、新しい着物の着方を追求したブランド「巧流-call-」が立ち上げ、活動を始めました。
右肩下がりになっていく和装業界をなんとか立て直したいと、先人の知恵や技術を生かしながら、現代の感性とトレンドを織り交ぜ「羽織れる着物」を開発。通常の着物より簡単に着られ、現代のファッションとも馴染みやすくなっています。
着物を着てお酒を楽しみ、交流を図るイベント「巧流BAR」も定期的に開催されており、若い世代の人たちに気軽に着物を着られるきっかけを提案しています。
着物を着るという文化を絶やさないためにも、こういった企業はどんどん増えていってほしいものです。

着物にピッタリな和柄ネイル5品をネイルチップ販売の「ミチネイル」が新発売!落ち着いたシックな柄からゴージャスなデザインまで、和装の指先に映える新作ネイルをご紹介

https://www.value-press.com/pressrelease/233943

丸井織物株式会社が提供するネイルチップ販売サービス「ミチネイル」から、和装にピッタリな和柄ネイルがリリースされました。種類は「シンプルビューティーネイル」「ボルドーのブルーフラワーネイル」「赤×ゴールドの小花ネイル」「シックなレトロ和ネイル」「ブラック×ゴールドのフラワーネイル」の5つ。どれも和の花柄やゴールドをあしらった、着物に合うネイルチップとなっています。指先が華やかだと、女性なら誰でもテンションが上がりますよね。見ているだけでもうきうきしてきそうな可愛さです。

志村ふくみ源流のアトリエシムラ×ミナ ペルホネンのコラボ帯、桜や樫で染めた糸の“雪の芽”刺繍など

https://www.fashion-press.net/news/57097

紬織りの人間国宝である志村ふくみの孫である志村昌司を中心とした京都の染織ブランド「アトリエシムラ」と、「ミナ ペルホネン」がコラボした「第3回 シムラの着物ミナの帯」が登場しました。独創的な柄ですが、日常に楽しめる名古屋帯「風の種 カゼノタネ」「雪の芽 ユキノメ」「フォレストドット」の3種は、「ミナ ペルホネン」のデザイナー皆川明が描いたオリジナル柄です。アトリエシムラ直営店やオンラインショップで販売されます。どれもモダンかつ可愛らしい柄で、若い世代にも好まれそうです。

浅草靴職人による着物・帯のオーダーメイド本格スニーカー 海外での人気を受けて国内販売を開始

https://www.atpress.ne.jp/news/202719

有限会社アクストが運営する、「オーダーメイドの靴から始める体づくり」がコンセプトの靴店「&Steady(アンドステディ)」が、中国の先行リリースで好評を得た着物KIMONO・帯OBIスニーカーを12月7日(土)、日本でも凱旋リリースしました。30年以上前に作られた着物や帯の生地をリメイクし、「手釣り工法」と呼ばれる高級紳士靴・婦人靴の製法で浅草の靴職人が1足1足手作りで仕上げています。オーダーメイドなので、サイズだけでなくワイズ(幅)も自分の足に合わせて作ることができるため、履き心地のよさや歩きやすさは明らか。着物とスニーカーの組み合わせが斬新ですが、日本の伝統工芸品の良さを次世代に伝える素敵な商品です。全6色のカラーがあるので、気に入った1品が見つかりそうです。

5回のお稽古で着付けと日本舞踊1曲がマスターできる 人気のワークショップが1月22日から東京・門前仲町で開催!

https://www.atpress.ne.jp/news/202918

日本舞踊の教室「深川おどり」が、浴衣の着付けと日本舞踊1曲を習得できるワークショップを東京・門前仲町で開催します。受講者は所定のお稽古日から5回分選んで参加でき、毎年4月上旬に上野恩賜公園で開催の「お花見発表会」への参加でお稽古の成果を披露できます。日本舞踊に興味があるけれど長期で習うのは難しい方、ご自分で着物を着たいと考えていて、まずは簡単な浴衣の着付けから習いたい方などにぴったりのワークショップですね。

着物の仕分けを定期化して「思いを伝える」アップサイクルを加速したい!

https://www.value-press.com/pressrelease/234338

着物の生地から作るリメイク雑貨の製造販売を行う株式会社WATALISが、着物の仕分け用資金としてクラウドファンディング「CAMPFIRE」でプロジェクトをスタートしました。
着なくなった着物をリメイクして新たな商品に蘇らせるために、着物の仕分け効率アップとシルク素材の抽出による製品の高付加価値化を実現するのを目的としています。会社がある宮城県亘理町はかつて養蚕でも栄え、その歴史を後世に伝える一助になる事もシルクのリメイク製品に力を入れる理由だそう。リメイク着物雑貨が作られ、たくさんの人の手に渡ることによって、日本の伝統文化である着物の素晴らしさを伝承していくことになりますので、そういった取り組みはぜひ応援したいですね。

着物レンタルサイト「私の和だんす」で、新品未使用品のお買い得なきもの、帯、羽織等の販売を始めます♪

https://www.value-press.com/pressrelease/234554

月額定額で着物がレンタルできるサイト「私の和だんす」で、新品未使用品の着物の販売を始めました。
通常よりもお買い得になっており、サイトに商品説明などもしっかり掲載しているので、安心して購入できるサービスになっています。
お得な価格でいいものが手に入るのは嬉しいです。仕立て上がりの現品限りとなっていますので、気になる商品は早めにチェックしてみましょう。

星のや東京 人力車と貸切船から夜桜を楽しむ「東京・夜桜舟あそび」開催 期間:2020年3月25日~4月10日

https://www.atpress.ne.jp/news/203986

東京にある旅館「星のや東京」では、3月25日~4月10日までの期間中、人力車と貸切舟から夜桜を楽しむアクティビティ「東京・夜桜舟あそび」を開催します。
内容は人力車で舟の乗り場である日本橋桟橋まで向かい、隅田川で舟下りを楽しみながら夜桜と夜景を楽しむものです。舟の上では花見弁当とスパークリングワインを提供。目でも舌でも楽しめるプランとなっています。
オプションで着物の貸し出しと着付け・ヘアメイクも行っています。日中に借りて、着物姿で観光を楽しんだ後に参加することもできるので、楽しみ方が広がりますね。
東京の桜をめいっぱい楽しめるアクティビティとなっています。

気になるニュースはありましたでしょうか?

それではまた新しいニュースが見つかりましたらこちらでご紹介しますね。