「きものレシピ」のサービスはこちら。

きものニュース(2019年11月)

こんにちは。今回は2019年10月の着物に関するニュースをピックアップしてみました。

興味のあるものがありましたら、ぜひ読んでみてくださいね。

カジュアルに着物を楽しむファッション&カルチャー誌『KIMONOanne.』創刊!

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000409.000021078.html

TAC出版より、着物を楽しむファッション&カルチャー誌『KIMONOanne.vol.1」を刊行することになりました。

着物というと、敷居が高く難しそう・・・でもおしゃれは好きという人に、結ばない帯結び、洋服や小物を加えた着方など、今トレンドとなっている多様なスタイルを取り上げ、話題のタレントを起用し新しい着物の世界観を作り上げた内容となっています。「きもののはじめてはキモノアンから」という見出しで、着物初心者でも手に取りやすくなっています。もっと若い人に着物を身近に感じてもらい、着るきっかけになってほしいですね。

職人さんから伝統工芸のきものを仕入れ、たくさんの方に「本物のきもの体験」をしてもらいたい!~「わたしの和だんす」がクラファン開始~

https://www.value-press.com/pressrelease/230752

定額着物レンタルサイト「わたしの和だんす」では、毎月定額できものが1セット借りられるサービスを実施していますが、今提供しているのは機械で織られたポリエステルの着物が中心です。しかし今後は職人による伝統技術が施された着物を取り入れ、業界を盛り上げると同時に、たくさんの人に「本物のきもの体験」をしてほしいという思いからその費用をクラウドファンディングで募っています。

着物の定額レンタルサービスは、荷物も増えず、お手入れもいらずでたくさんの着物が楽しめるとても便利なサービスだと思います。これからそのレンタルできる着物の中に、伝統技術の生きた着物が増えたらもっと装う楽しみが増しますね。

星野や京都 一見さん歓迎!はんなり女子会「舞妓サロン」開催 歩く伝統工芸・舞妓をテーマにした室札やかんざしスイーツでリニューアル 期間:2020年2月4日~3月4日

https://www.atpress.ne.jp/news/197142

京都府・嵐山にある旅館「星のや 京都」で、今年で3年目となる舞妓と女性同士の会話を楽しむことができる「舞妓サロン」を開催します。これは星のや京都内にある「Saron&Bar蔵」にて、舞妓の踊りの観賞や歓談が楽しめるサービスで、宿泊者は無料で利用できます。舞妓の帯に使われる西陣織のテーブルランナーや舞妓をモチーフにしたアートパネルが飾られた空間の中で、舞妓さんとの「女子会」を楽しむことができ、女性や一見さんが敬遠されがちな花街文化に気軽に触れることができます。また、舞妓のかんざしを表現したオリジナルの和菓子「舞妓甘ざし」も提供され、スパークリングワインとともに味わうことができます。

普段なかなか話すことのできない舞妓さんとの貴重な触れ合いが体験できるのが魅力です。開催期間中にぜひ宿泊してみたいですね。

フォトグラファーAtsuko Itoがフォト着物ブランドを立ち上げ 「PHOTO KIMONO A」第一弾は「男の単衣着物」

https://www.atpress.ne.jp/news/197822

Lasp舞台株式会社の代表取締役で、フォトグラファーのAtsukoが、自身の撮影したフォトアートを着物にプリントしたオリジナルのフォト着物ブランド「PHOTO KIMONO A」を立ち上げ、その第一弾として、「男の単衣着物」柄5種類の単衣着物と1種類のリバーシブル角帯を発表しました。

2020年1月には、浅草のライブハウスでのファッションショーも予定しているそうです。

かなり斬新なデザインのフォト着物ですが、新しい着物の形としておしゃれを楽しむ男性に支持されそうです。

KIMONOMACHIオリジナル2019-2020年版【きもの福袋】リリース!

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000096.000027137.html

和装通販サイト「京都きもの町」が毎年リリースしている「KIMONOMACHIきもの福袋」が11月11日(月)から発売しました。今年もKIMONOMACHIらしいレトロモダンなデザインと配色で、従来のファンの期待を裏切らない内容となっています。また、きもの初心者向けの着付け小物と着付け方のDVDがついた「はじめてのきもの19点セット」や、それに羽織、羽織紐がついた「はじめてのきもの21点セット」などもあり、豊富なラインナップとなっています。
バイヤー厳選の着物と帯の2点セットや帯揚げ、帯締めまで付いた4点セットはコーディネートの失敗がなく安心して着ることができます。また、ポリエステル100%の着物は気軽に家で洗濯できることから日常に取り入れやすくなっています。
セットは他に4点セットに草履がついた5点セット、4点セットに羽織、羽織紐がついた6点セットがあります。
「はじめてのきものセット」は、着物を着るのに何が必要かわからないという方にも安心ですね。きもの初心者にぜひおすすめしたいです。

着物ブランド「キイロ」1号店が渋谷パルコに、洋服のエッセンスを効かせた“モードな”着物を展開

https://www.fashion-press.net/news/55380

2018年1月にデビューした着物ブランド「キイロ」の第1号店が、11月22日(金)に渋谷パルコにオープンしました。「着物と洋服の垣根を取りはらい、着物を身近なものにしたい」という考えのもと、洋服のパターンを活かした「モードな着物」を展開しています。
店内はモノトーンを基調とした都会的空間で、洋服の素材を利用した着物ガウンや、ベルトとして使えるワンタッチ帯、チェーンつきの草履など洋服の感覚で身に付けられるアイテムが揃っています。今、着物の様々な着方が注目されているので、これらもおしゃれに敏感な若い女性達が自分のファッションに取り入れることで、着物をもっと身近に感じられるようになって着る人が増えていけばいいですね。

第2回、きものの似合う街大賞、全国グランプリに山口県「萩」

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000034719.html

一般社団法人「全国きもの街づくり協議会」が第2回「きものの似合う街大賞」を発表し、全国グランプリに山口県、萩が選ばれました。
これは全国を6つのエリアに分け、それぞれ事前投票によりエントリーされた6つの都市・街から、もっともきものが似合うと思う街に投票し、各エリアで一番投票を集めた6つをエリア大賞として選ぶものです。また、その中から最も投票の多かった街が全国グランプリとなります。
11月18日(月)、萩市で行われた表彰式では市長が「誇らしい。これからも街づくりを進めていきたい」と喜びを語りました。
エリアごとの大賞は北海道・東北エリア 角館/関東エリア 浅草/上信越・中部エリア 金沢/関西エリア 京都祇園/中国・四国エリア 萩/九州・沖縄エリア 大宰府 となっています。
また、これからこの6つの都市・街が集まる「全国きものの似合う街サミット」を企画しており、それぞれに呼び掛ける予定だそうです。
ぜひきものの似合う街を、着物姿で歩いてみたいですね。

気になるニュースはありましたでしょうか?

それではまた新しいニュースが見つかりましたらこちらでご紹介しますね。