「きものレシピ」のサービスはこちら。

きものニュース(2019年10月)

こんにちは。今回は2019年10月の着物に関するニュースをピックアップしてみました。

興味のあるものがありましたら、ぜひ読んでみてくださいね。

京都で和装婚活「きものde婚活~令和ver.~」の参加者募集 街着一式を無料レンタル、伝統文化体験も!

着物関連のビジネスに携わる連合青年団体、京都染織青年団体協議会と京都織物卸商業組合青年部会が、着物業界の振興・発展を目的とし11月24日(日)に、「きものde婚活~令和バージョン~」を開催します。

男女のマッチングに伝統文化体験を交え、婚活と共に和装文化の振興を図ることを目的に開催される同イベントは、参加者のドレスコードが和装(着物)であることや伝統工芸体験と和の空間での飲食や歓談を通じて和の文化の奥深さと互いの魅力を感じてもらうなどの特徴があります。参加者には無料で着付け込みの着物レンタルがあるので、きもの初心者でも安心です。和装で婚活という新しい取り組み、これからも広がっていくといいですね。男性も女性も和装姿で普段より魅力が増し、マッチング率も上がるかもしれません。

サムライ体験が今年もスタート!今年は期間限定で禅や茶道体験のツアーも(千葉県佐倉市)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000080.000024449.html

2016年に日本遺産「北総四都市江戸紀行・江戸を感じる北総の町並み」として認定された佐倉市が、例年行っているサムライの衣装を着てまち歩きをするツアーの販売を今年も開始しました。「日本遺産・佐倉城下町侍体験ツアー」では、サムライ姿に扮して城下町を散策したり、木刀を使った武芸体験をしたりできます。今年はそれに加え、着物やサムライの衣装で禅と茶道が体験できるツアー「禅の心」も販売。寺院での座禅体験、茶道体験も楽しめます。外国人観光客向けのツアーですが、日本人も参加できますので、この機会に佐倉の町並みの江戸情緒と日本の文化を感じてみてはいかかでしょうか。

行き場のない着物をスタイリッシュな洋服に!着物アップサイクルの新ブランド「Uz Fabric」を10/10に設立

https://www.atpress.ne.jp/news/195190

着られずに行き場のなくなった着物のマッチングイベント等を行う「キモノ里親さがし」をサポートする「ウズ株式会社」が、10月10日に着物専門のアップサイクルブランド「Uz Fabric」を設立しました。

「キモノ里親さがし」は自宅の箪笥などに長年しまわれて行き場のなくなった着物や和装小物を出品者から預かり、着物が好き!着物を着たい!という方にお手頃価格で譲っている取り組みですが、それでも行き場のない着物は廃棄処分になってしまいます。「着物を着たいけれどハードルが高くて踏み出せない」という方のために、着物を着物以外の別の形に生まれ変わらせる「アップサイクル」で、黒留袖を使ったワンピースや、様々な着物を組み合わせたパッチワークストールなどに作り替えることで、男女問わず着物柄を気軽に身に付けることができるようになりました。商品はすべて1点もので、一つ一つデザインするため新品よりも手間をかけて作られており、試作品の段階から好評となっています。“捨てるのではなく、新たなものに生まれ変わらせ使いつないでいく“とても素敵な取り組みですね。

~着物でフォトジェニックな有田の旅を~“きものでありたさんぽ”しませんか?

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000233.000027600.html

国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている佐賀県有田町の内山地区は、明治・大正・昭和初期に建てられた町屋が立ち並んでいます。その歴史が息づくレトロな通りを着物で歩いてほしいと一般社団法人、有田観光協会が企画する「きものでありたさんぽ」が10月1日よりスタートしました。

内容は「きものでおさんぽプラン」が3,000円で着物レンタルと着付け込みとなっており、着物を持っていない人でも気軽に着物でお散歩を楽しむことができます。それに加えて町内16のレストランやカフェで使える1,000円チケットが付いた「ランチ&caféチケット付きプラン」もあります。有田焼で有名な町を着物で歩き、お気に入りの器を見つけるのも楽しいですね。

ヨシキモノ 2020春夏コレクション-ドレスのように着こなす“新感覚”着物

https://www.fashion-press.net/news/54591

10月14日(月)、Rakuten Fashion week TOKYO 2020が開幕になり、X JAPANのYOSHIKIがプロデュースする着物ブランド「YOSHIKIMONO」がオープニングを飾りました。

「伝統と革新の融合」をコンセプトに新しいファッションを展開している同ブランドは、和服が起点であることを忘れさせるほどの斬新なデザインで、和柄を着想源としながらもアレンジを加えたパターンや、箔プリントを施し、帯を立体的なデコレーションにした和服の香り漂うドレスなど、新感覚の和服を展開しています。他にも漫画風のコラージュやアニメプリントをあしらった着物で、現代のジャパニーズカルチャーを同時に発信する試みも。

呉服屋の長男であるというYOSHIKIさん。音楽活動での活躍で、YOSHIKIファンの中から着物ファンが増えることを願います。

日比谷初!人力車常設の着物体験店「KIMONO QUEEN(キモノ・クイーン)」10月19日(土)、帝国ホテルプラザ4Fにオープン!!

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000050063.html

KIMONO TOKYO TOSHIE合同会社が、着物体験店舗「KIMONO QUEEN」を10/19(土)、帝国ホテルプラザ4階にオープンさせました。訪日観光客向けに英語対応は万全で、着物レンタル、ヘアセット、着付け、撮影ブースも構えており、雨の日でも濡れずに気軽に着物を楽しむことができます。もちろん国内のお客様も利用することができます。

中でも注目なのが、お店で人力車を常設しており、オプションとして観光を楽しみながら着物姿で記念写真も可能なことです。皇居や浅草など定番観光地を着物と人力車で存分に楽しむことができます。東京観光に訪れた外国人観光客も、日本人でも、とても思い出に残る体験ができそうです。

帯をくるっと巻いて、25秒で完成!着物初心者でもできる、「結ばない」帯結びの書籍発売

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000403.000021078.html

TAC出版から、新刊「結ばない帯結び」が刊行されることになりました。

著者のayaayaさんが考案した、帯を巻いてとめるだけの簡単な帯結びはハッシュタグ「#結ばない帯結び」としてSNSで大流行しました。3月に朝日新聞でも紹介され話題になっています。

書籍内では結ばない帯結びの様々なバリエーションが紹介されており、動画QRコードも掲載しているためわかりやすくなっています。本は両手を放しても見られるよう、180°広がる特殊製本で作られているのも嬉しいポイントです。

普通の帯結びとは一風変わった新感覚の帯結びですが、見た目もかわいくて試してみたくなりますね。

「きものベストドレッサー2019」ネット投票受付スタート

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000034719.html

一般社団法人全国きもの街づくり協議会が毎年行っている「きものベストドレッサー2019」のネット投票受付がスタートしました。これは素敵なきもの姿をマスメディアやSNSなどで披露し、和装文化のイメージアップに貢献した男女に送られるもので、2018年は羽生結弦さん、武井咲さん、本庶佑さんが受賞しています。

誰でも専用サイトから投票可能で、締切は12月15日、結果発表は12月20日前後を予定しています。投票した人の中から抽選で参加賞もあるそうなので、ぜひ投票してみてはいかがでしょうか?

気になるニュースはありましたでしょうか?

それではまた新しいニュースが見つかりましたらこちらでご紹介しますね。